<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「I Love Youのある世界」 のある世界へ その15

    0
      「僕らはお互いの意味を知る」

      HAPPINESSについて


      KISS×KISSでアドレナリン出した後に
      柔らかに耳を撫でて癒してくれる。
      そんな、意味合いが出たのは
      大変喜ばしかったです!

      今までの鷲崎さん曲の中では
      歌もアレンジも大分異色な方ですね。

      普段は一曲全体の流れを意識して
      構成を考えていく弦楽器も
      この曲に関してはサンプリングを
      多用しました!

      とはいえ、温度感やフレージングを
      慎重に練っていったギターもベースも
      録音には、他曲と同じかそれ以上に
      手間も時間も気も使わせていただいたり…

      歩調をそろえるように、
      だんだんとトラックが足並みそろうイントロと
      一人ひとり、消えていくエンディングが
      個人的にお気に入りです。

      歌詞はもともと 実はこの倍くらい
      あったものを推敲して今の形になった、
      とのこと…よくまあ そんな素敵フレーズが
      沢山出てくるなぁ…

      ライブでは最後に演奏することも
      多いというこの曲。
      詞もタイトルも、ある意味このアルバムの
      コンセプトの核、ともいえるかもしれませんね。


      =================================
      さてさて、

      15回もの長きに渡って
      お話してきた「『I Love You』のある世界」について
      今回で最終回です。

      なんだか、いつのまにか気づいたら全曲レビューに。。
      はたしてこんな内容でよかったのかどうか…?
      多少なりとも楽しんでいただけたならよいのですが…

      お聴きいただいた、すべての方たちに
      すべての ミュージシャンさんたちに
      すべての スタッフに

      そして、「『I Love You』のある世界」
      に連れてってくれた 鷲崎さんに、

      心よりの感謝を。


      最後に3行だけ自慢させてください

      鷲崎健の楽曲をアレンジさせていただく時、
      なんだか僕もちょっとだけその天才ぶりを
      分けてもらえるような、そんな気がします。

      どうもありがとうございました。


      皆様の 日々に
      『I Love You』の多からんことを。
      =================================
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 15:01 * comments(3) * trackbacks(0)

      「I Love Youのある世界」 のある世界へ その14

      0
         『カバンの中 保険証探すより』


        KISS×KISS について


        Sleeps 午後で
        ウトウトとろとろとした耳に
        炸裂するのは7曲目、KISS×KISS!!

        まー 演奏陣のかっこいいこと!

        正直なところ、このライブ感満載の
        ファンキーな魅力は、
        僕が一人で机に向かってウンウンうなっても
        全くうまく出ませんでした。

        百戦錬磨のプレイヤーさんたちから
        出てくるフレーズを生かして、そこから
        膨らませるのがベスト、という作戦で進めました。

        稔さんがトランス状態でぶっ叩いたドラムの上に、
        ロミーさんが、グルーブ感満載のフレーズを咲かせ、
        玉川さんが、シンプルだけどぶっとい ノリのカッティングを。

        ここまで本ちゃん作ってから、他のものを広げていく、という
        わりと普段はやらないイレギュラーな作り方でしたが…
        結果、一番出したい空気感になりました。
        よかった〜

        この曲の最大の 聴きどころは…
        やはり 「曲全体のクレッシェンド感」でしょうか。

        もうラストに至っては

        みんなやりたい放題、
        誰も自粛してない! みたいな…

        ノリノリで聴いて一緒に、トランス状態に
        なって頂けたら うれしいですね!

        疲れ果てている、この歌詞の主人公…
        アルバムの制作時期の自分をちょっと
        思い出すような。。

        鷲崎さんの歌はあまりにセクシーだっため
        最後の「KIss Me!」とか色々追加してもらいました(笑

        =========================

        ■文化放送 超A&G+にて6月9日(土)夕方4時〜5時に放送
         「超A&Gミュージック+プレミアム」にお邪魔しております!

         アルバムトークしてますので、よろしければ
         アルバムお買い上げいただいた皆様も、
         そうでない方々もぜひぜひ聞いてみてくだせさいませ!

        =========================
        杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 00:57 * comments(0) * trackbacks(0)

        「I Love Youのある世界」 のある世界へ その13

        0
          「いつものように歌いだすのだ」

          anymoreについて

          9曲目でガラリと変えた雰囲気…
          10曲目で熱唱したあと…
          11曲目の華やかさを経て…

          エンディングにむけてグッとシリアスに向かっていく
          このanymoreの役割は非常に大事な
          キーになっているなぁと思います。

          全、13曲中 一番アレンジもスムーズに
          いった曲ですね。
          演奏陣も皆、ひとつのゴールにむかって
          突き進んだ、そんな印象の制作過程でした!

          鷲崎さんの弾き語りデモの時点で、
          すでに「こうやってほしい」が
          明確だった曲でもあります。

          静から動へと爆発するこの方向性は
          個人的に通ってきた趣味からもドストライクです!
          やはりこういうのにグッとくるのは
          どちらかというと男性なのかな?

          ギターソロを録る時に、玉川さんが
          いつもだったらありえないくらい、
          グイグイグイッとすべての
          ツマミをフルにあげてました(笑

          エモーショナル、と
          一言で言ってしまうのは簡単ですが…

          ただ、弦を震わせるだけでは、
          タイコをならすだけでは、
          声を発するだけでは、

          こめられない何か。

          ん〜

          ちなみに、実は
          今日時点で、一番お気に入りの曲を
          あげろと言われたらこの曲だったりします。
           
          杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 14:53 * comments(0) * trackbacks(0)

          「I Love Youのある世界」 のある世界へ その12

          0
             「ハッ」
            恋はディスコ について


            2012年にリリースとは思えない、
            レトロさが アルバムの流れに
            ググイっと現れる9曲目!

            ソウルバラードアレンジ、詰めていく段階で
            鷲崎さんと自宅で 打合せできたのも
            大変ありがたかったです。

            ドラム稔さんとエンジニア北吉くんの
            工夫の結晶、とも言える見事なドラムの音!

            さて、次工程で
            ロミーさんにベースを録っていただくため
            さっそく

            「ベースを録音するときに、ベーシストが聴く用の
            ドラムだけ鳴らした状態の音源」
            (ドラム2mixとか呼んだりします)
            を用意する北吉くん。

            見事に
            「曲最後のフェードアウト」をかけた状態
            書き出して

            鷲崎さん
            「おま、これじゃロミーさん だんだん小ちゃく
            弾かないといけなくなるじゃねえか!」

            みんなでゲラゲラしてたのもいい思い出!

            マスタリングをいつもお願いする三浦さんも
            「おれも おっさんだからさぁ〜
            こういう曲刺さるんだよね〜」
            グっとガッツポーズを取りたくなったのでした。

            この曲はアレンジ、初稿段階で
            いつもお世話になっている 堀ケイヂ さんに
            色々とサポートしていただきました!

            別曲ギターアレンジのサポートとして
            丹澤勝氏 海老澤祐也氏 も
            今回も大変お世話になりました。

            色んな人たち お世話になりまくってばかり。。
            本当にありがとうございます!
            杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 15:40 * comments(0) * trackbacks(0)

            「I Love Youのある世界」 のある世界へ その11

            0
              「だから 夢にタッチしよう」

              Baby! 人生はあっちゅー間!! について

              もう、多くの方々が
              「I Love You」のある世界 のある世界に
              到着なさった様で…色々と内外から
              感想いただいて、ほんとに嬉しいす!

              今アルバム、最後から3曲目には、
              Baby! 人生はあっちゅー間!! 

              鷲崎さんが
              「I Love You」のある世界 を書き上げた後、
              そのままなんとなくギターをいじってたら
              出来た。→名曲出来たぞ!→散歩しよう。@am6時
              という経緯をもつこの曲。

              緞帳がぶわぁぁぁぁぁっっと開いて
              ビッグバンドが弾ける中、
              ハットをかぶり、お客さんと握手してまわる鷲崎さん。
              そんなイメージですね!
              歌謡ショー的な豪華さがでたらなぁと思ってました。

              島さんのトランペットソロは聴きどころ!
              なんか、この間奏聞いていると
              ここまであっちゅー間だった人生の
              大事なワンシーンがフラッシュバックする。
              そんな感じがします。

              そしてそして、この曲を完成させるにあたって
              どうしても外せなかったゴスペルな女性コーラスを
              歌い上げてくださったのはKAZCOさん!
              本場のゴスペルの経験も豊富というKAZCOさんの
              バックコーラス…。皆様、ぜひご堪能ください。 

              こういう アレンジ、時間かかっちゃうけど
              やっぱり 好きだし、やってて楽しいです。
              自分らしい方向だな〜なんて 思います。

              うまいもん食って うまい酒飲んで
              大好きな人たちと 楽しいことやってたら…

              それこそ 人生はあっちゅー間なんだろうなぁ

              =======================

              昨夜無事終了! 延長含めて4時間。
              お付き合いいただいた方々
              スタッフの皆様 そして、調理班のお二人。
              本当にありがとうございました!

              ゆるーりといつもの おれンちな感じでしたが、
              ご来場いただいた方々も一緒に美味しい
              お酒が飲めてたなら…いいですなぁ。
              =======================
              杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 18:36 * comments(2) * trackbacks(0)

              「I Love Youのある世界」 のある世界へ その10

              0
                 『わからないことは軽く目をつぶり合って』

                バラバラ〜Balance 2 Variance〜 について

                さて 今回の5曲目を飾るのは
                バラバラ〜Balance 2 Variance〜。
                タイトルからして、ニヤリとしてしまう!

                鷲崎さん楽曲といえば
                生バンドの質感が魅力ですが、
                この曲は、鷲崎さんが仮の弾き語りデモで入れていた
                打ち込みドラムの若干無機質な感じが
                イメージに強く残っていて…一聴したときに
                それがなんかすごく響いたんです。

                プログラミングのリズムの上に
                色々と構築していくことに決めました。

                玉川さんのアコギとエレキを贅沢にも
                サンプリングしたりしながらの作業で
                アルバム行程最後に仕上げた曲でもあります。

                個人的には、
                歌詞にすごい、ひっぱられて出てきた
                間奏のシンセはとてもお気に入ってます。
                ちなみに、ヘッドフォンで聞いたとき
                右が「男」、左が「女」。そんな感じです。

                私事ですが、一年前に結婚した身としては
                やはりこの曲は「マリッジソング」として、
                響きますね。グッときちゃいます…!
                結婚て、こういうことなんじゃないか、
                この歌詞の言ってるようなことなんじゃないか、
                とすら思ってしまいます。

                この歌詞を見て
                「鷲崎さん 彼女できたんですか?
                と聞いてしまうのはそんなにトンチンカンなことでも
                ないと思ってしまうんですが…どうでしょか?

                ==========================

                改めまして、みなみなさま!

                I Love Youのある世界
                本日発売、でございます。

                13曲、13様の多幸感。

                今夜 すべての 人に。

                ==========================
                杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 03:37 * comments(4) * trackbacks(0)

                「I Love Youのある世界」 のある世界へ その9

                0
                   「街中の陰が 黒くなる」

                  さてさて、発売もいよいよ迫ってまいりました!

                  梅雨の足音が聞こえるような、今日このごろ。
                  ぴったりの雨男、について。

                  雨男は、鷲崎さんが作曲されたのは
                  比較的、昔とのこと。
                  2ndの時から僕もお気に入りだったのは
                  前述の通りです!

                  アレンジしている時も
                  ずっと、頭の中で歌詞の世界の映像が流れてました。

                  少しこまっしゃくれた方向も模索してみましたが、
                  やはり世界観に合う、素朴な方向が気持ちいいですね。

                  この曲でベースを弾いてくださったのは
                  ロミー木ノ下さん!
                  熟年の流麗なプレイで彩っていただきました!

                  シンプルで、決してグイグイ前に出るわけではないけれど、
                  世界観に合う、稔さんのストイックな演奏と相まって
                  頭の中で思い描いていたよりもずっと
                  素敵なリズム隊が2コーラス目を彩ります。

                  いろいろな曲でアコギもエレキも弾いてくださる玉川さん
                  この曲はアコギのみの演奏!
                  広がりは持たせたいけど、
                  明るすぎちゃっても違うね〜なんていいながら
                  アレやコレやとスタジオで試行錯誤したりしてました。

                  アルバムマスターアップを終えて、
                  少し時間がたって改めて 聴いてみると…
                  やっぱ 歌詞が美しい。。。

                  あ〜推してよかった。

                  この曲が3曲目っていうのも
                  また乙!

                  =======================
                  直前になってしまいましたが



                  にお邪魔する予定です!

                  普段は、人と会話する時間すら
                  少なめな人間ですので…あいかわらず、
                  緊張してるかと思いますが。。。

                  よろしければ、ぜひ!
                  =======================
                  杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 16:11 * comments(2) * trackbacks(0)

                  「I Love Youのある世界」 のある世界へ その8

                  0
                     「右!  左!  右・左 ・右!  左!  右!  左 ・右・左! 」

                    ロリポップについて


                    アルバム一曲目を飾るのは
                    飛び出せ感満載ナンバーのロリポップ!

                    鷲崎さん曰く、
                    「何も訴えない、ただひたすらゴキゲンなナンバー」

                    ピピリ ピピピリ というフレーズが
                    印象的なこの曲ですが
                    このサビでノリノリになってしまった場合は

                    「右!  左!  右・左 ・右!  左!  右!  左 ・右・左! 」

                    みたいな感じで体を動かすと とても気持ちがいいです。

                    各自、やってみてください。


                    テンポの設定を当初大分早めに設定していましたが、
                    鷲崎さん 稔さんの勧めもあり、やや落としてみたりしました。
                    バンドが演奏することによって出てくるドライブ感のすごさ…。
                    改めて感じたのでした。

                    そしてそして…

                    このアルバム一曲目で 
                    ピピリ ピピピリ と 歌いまくった後は
                    シャナナナナと歌いまくる曲が控えています。

                    カタカナつながりの流れで
                    一緒に歌いまくると…吉!


                    お知らせ
                    ==============================

                    なんと特典に

                    「I Love You」のある世界PVがついてくる!

                    こりゃ 見逃せない。

                    前回、特典の鷲崎健モデルサムピックに
                    指が入らなくて枕を濡らした杉浦にも
                    安心の特典。

                    先日、PVに出演なさった
                    七瀬亜深さんに初めてお会いしたのですが、

                    「公園で撮影中に チビッコギャラリーが集まってきて
                    その中の一人がプロデューサー気質だったので
                    Vチェックをいれてもらった」とのこと。

                    なんともほっこりエピソード!
                    ==============================
                    杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 13:46 * comments(0) * trackbacks(0)

                    「I Love Youのある世界」 のある世界へ その7

                    0
                      「呑まな、しゃあない」

                      シャナナについて

                      鷲崎さん節満開の
                      歌ってて口が気持ちいい、スカ曲!
                      関西弁のキモチイイところが沢山。
                      アルバムの2曲目ってのもベストな位置だなぁ。

                      なんだかアレンジ初期から
                      シャナナ…を野郎大勢で歌ったら楽しそうだな~と
                      思ってました。

                      青木祐磨さん、学園祭学園の皆様、伏田幸平さんたちとの
                      ワイワイレコーディングはなんだか 男子高校時代を
                      ちょっと思い出しました。楽しかった!

                      玉川さんとギターソロREC中に

                      「なんかもっとギャリっとした音にしたいですね~」

                      なんて話をして なんと財布からとりだした500円玉を
                      ピック代わりに! いい感じでギャリっとした音でとれました。

                      ドラム録音前に戯れに稔さんと
                      「鷲崎さん曲で一番ドラムREC大変だったのはどれですか?」
                      なんて雑談をしてたのですが、シャナナを録りおわった後

                      「ラフィンくん、これこれ。これが一番大変だった!」

                      と言わしめるくらい、細部までこだわっていただきました!
                      個人的にはAメロの『タカトコト バッ!』ってフィルインが
                      今アルバムで1、2を争うお気に入りです!

                      ベースの笠原さんの
                      ラストのサビで盛り上げるベースラインが
                      いつも大好きなのですか、この曲もすげーラストの
                      盛り上がり気持ちいいので、ぜひフルで聴いてみてください!

                      そして、欠かせないのは島さんのホーン。
                      鷲崎さんもミックス時に
                      「もっとホーンをガンガン大きめにしようぜ!」
                      なんておっしゃってました。気持ちいい!

                      鷲崎さんの歌録りは13曲中の一曲目でした!
                      sleepsみたいに甘い歌も魅力的ですが、
                      やっぱり、こういうがなり方をする曲は
                      鷲崎さんの歌の魅力を語る上でははずせないな、と。

                      歌詞も ただただ
                      シャナナの音が キモチイイ、だけではなく
                      すっげー元気が出る歌詞なんです。これ。

                      なんか、今後 しゃあないことがあったら
                      この歌を聴いて シャナナナがなろうと思います。。
                      杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 13:14 * comments(0) * trackbacks(0)

                      「I Love Youのある世界」 のある世界へ その6

                      0
                        『ビール開けましょ やっぱ』

                         Sleeps 午後について

                        前作はなんと4曲あった鷲崎さんの「女性目線曲」!
                        今回はこの「Sleeps 午後」のみが女性目線ですね。
                        なんで30代後半男性がこんな歌詞かけるんだ…?
                        と、毎度毎度、面白くてハっとさせられてます。

                        ジャジーな魅力満載のゆる〜い歌で、
                        寝るでもなく、ごろごろだらしなく

                        あ〜結局今日一日家からでんかった〜

                        なんて 女性のみならず、
                        皆さん経験したことあると思いますが…
                        「あんな一日」を歌にしちゃうってのは
                        相当珍しいのでは…?

                        甘さ、気だるさ、眠さ、女性らしさ…
                        見事歌い上げた鷲崎さんの歌唱は
                        個人的には今回、1、2を争うお気に入りです!
                        テイク的にも大分早かったと記憶してます。

                        歌詞的にも ホント「情景見える系」で
                        杉浦はとある、一節にえらく感銘を受けたのですが…
                        みなさんもお手元にブックレットが届きましたらば
                        ぜひ、どこか探してみてください!

                        トラックダウンでスタジオにカンヅメになってる時、
                        深夜の眠くなる時間にこの曲の作業をすると
                        ちゃんと眠くなりそうで、あぶない!
                        なんてコトもありました笑

                        稔さんのブラシプレイ、笠原さんのウッドベース
                        玉川さんのあまーいトーン。演奏陣が作り上げた
                        トロトロトトロな世界も…弛緩確実!

                        ちなみに、この歌詞の主人公の女性、

                        杉浦的には
                        「絶対、前日彼氏が部屋に来てた」と思います。

                        鷲崎さん曰く、「とは限らないよ〜」とのことでしたが
                        皆様はどう思われるのやら…?

                        アンケートとってみたいぐらいです。
                        杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 15:59 * comments(0) * trackbacks(0)
                        このページの先頭へ