<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「What a Pastaful World」の厨房 その20 『ホーン隊のみなさま』について

    0
       『ホーン隊のみなさま』について

      さてさて、ミュージシャンご紹介もこの記事で一区切りです。

      今回のアルバム、
      多くのアディショナルミュージシャンさん達の
      大活躍があったわけですが…

      とりわけ Love & Blues!

      左から
      Tp:下神竜哉さん Bsax:阿部 剛さん Tsax:包国 充さん
      Asax:上杉雄一さん Tp:奥村晶さん  Tb:早川隆章さん

      こんなゴールドメンバーに囲まれての収録…
      宝物のような一日でした。

      みなさんホントかっこよかった。。
      そして、勝手ながら皆さんも楽しんでいただけたんでは
      ないかと思っています。

      今回アレンジ面などでも多大にアドバイスいただいた
      包国充さんのSaxソロもホントお気に入り。

      また、
      上の写真には映っておられないのですが、
      「What a Pastaful World」にて
      珠玉のクラリネットを入れてくださったのは 白石幸司さん!

      ものすごい速さで信じられないクオリティのテイクを
      積み重ねてくるその姿はまさに職人芸…
      デキシーランドの化身のような方でした!

      そしてそして、2ndの頃からお世話になっています
      島裕介さん!


      奥さま、お手をどうぞのEDのソロや Faithのソロ…

      普段のお仕事のジャンルが違うのもあるのでしょう、
      島さんのソロは僕の思いもよらない所から
      「正解」を出してくださるのでいつもビックリします。
      まるで歌のような暖かいフレージング! 今回も健在です。


      「Dear Birthday」と「冗談〜」を
      ストリングスで見事に彩って下さった南条由起さんも…

      かわいいチュッチュルコーラスしてくださった
      小島 希代子さん、須藤 美恵子さんも…

      すべてのボーカル録音に
      黙々と根気よく付き合って下さったエンジニア中山譲さんも…

      鷲崎楽曲をちゃんと愛し、
      毎回着実に手腕を上げ続けるエンジニア北吉泰輔さんも…

      僕を正しい方向に導きつつ、
      制作全体のゴールへの舵取りをしてくださった
      プロデューサー木下伴之さんも…

      そう!
      ここまでご紹介してきたように、色んな人たちの
      こまかーい技術とか、こだわりとか、想いとか、
      詰まって出来ている一皿なわけです。

      んで、なによりも

      それらを可能にしてくださったのは、
      鷲崎楽曲を待ち望んで下さってる
      内外のファンの皆様の熱意に他ならないのです。

      本当にありがとうございます!

      ってことが言いたくてこんなブログを
      つらつらとやってきました。
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 14:42 * comments(0) * trackbacks(0)

      「What a Pastaful World」の厨房 その17 ベース担当『ロミー木之下さん』について

      0
        ベース担当『ロミー木之下さん』について

        三人目のベーシストはもちろん、この人
        ロミー木之下さん!




        レジェンド、と呼ぶにふさわしい方ですが、
        鷲崎アルバムでは毎回「ここぞ」という楽曲で
        参戦してくださっております!

        今回は「FAITH」で物凄い存在感のテイクをいただきました!

        さて、いよいよレコーディングという時、なんと
        ベースアンプの真空管が一個とんでしまうというトラブルが!

        ロミーさんは事もない顔で、
        横にあったギターアンプ、ツインリバーブを見てニヤリ。

        「このヘッドはね、俺らが20代の頃のベースアンプと
        同じ回路つかってんだよ〜」とサラリと繋ぎなおして
        レコーディング開始。
        ブリブリのアグレッシブなテイクを
        ぶちかましてくださいました!

        使用ベースは所有200本の中から、
        一番の愛機となった一本とのことですが、
        なんと実売価格7万円のもの。

        自分で塗装をはがし、特製のニスを塗り
        プリアンプもご友人のエンジニアさんと煮詰めたものだそう。

        大ベテランでありつつ、今なおこの探究心…もはやえぐいですね。

        ロミーさんご自身、ここまでのアルバム4枚の制作の流れの中で、
        今回、特に鷲崎さんとドラム稔さんのお二人の成長を感じたとのこと。

        ロミーさんの様な年齢になっても
        こんな素晴らしい音楽を紡ぐことは
        歌い手、プレイヤー、作曲家問わず
        全ミュージシャンの夢なんじゃないでしょうか。

        「リズムや、小節や拍単位で細かいことを気にし続けるよりも
        一曲の音楽としてとして『一拍』になるようにするべき」

        なんて深いお言葉…。
        杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 23:34 * comments(0) * trackbacks(0)

        「What a Pastaful World」の厨房 その15 『学園祭学園のみなさん』について

        0
          「百年経っても変わらないのならば 愛とでも呼べるかな」

          学園祭学園のみなさん』について


          サウンド面に参加していなくても、
          今回のアルバム制作で重要なお仕事をした方達がおります!

          クラウドファンディング特典「記念同人誌」の編集と、
          「スペシャルDVD」のインタビュアーを務めている
          あおき♨佑磨くん率いる学園祭学園の皆さんは
          奥さま、お手をどうぞ」にも出演しております。

          鷲崎健ファンが、その楽曲について深く知りたいと思うならば
          彼らによるインタビューを見るのが一番です。
          まさに適役!

          また今回のレコーディング取材にはまさに密着!
          足しげく現場に通い、さらには現場の空気を和ませ…
          張りつめて望んでいる僕にとっては
          仮らの存在がとてもとても頼もしかったのです。
          本当に感謝!

          出来上がった記念同人誌、
          「What a Pastaful Days」〜なんてスパゲティ日々〜
          の完成度は本当に胸に迫るものがありました。
          僕も生まれて初めてのインタビュー記事を載せてもらい…
          家宝にすることに何の迷いもありません。

          彼らのアルバム「ユープケッチャ」を聴きながら夜に散歩していると
          ああ、なんてバンドを楽しんでる音なんだ、とうらやましくなって
          勝手に頭の中でオルガン足してバンドに混ざってます。

          ベントラーベントラーのドラムとかも叩きたい。。
          実際最近になってバンド活動細々と再開したのも
          この一枚の影響あってかもしれません。

          Youtubeに彼らのライブがたくさん上がってます
          特にお気に入りはコレ。大好きでよく流してます。


          あおき♨佑磨くんはこのカツーンとくるトーンの歌声で
          前作3rdアルバムより「女の子の髪の匂いを一日中かいでたい」のコーラスにも参加!
          「シャナナ」のバックコーラスにも参加している彼らは…

          11月3日にはライブが!
          ==============================
          第二回 学園祭学園授業参観

          【開催日】2015年11月3日(火・祝)
          【開場/開演】12:00/12:30
          【会場】下北沢mona records
          【チケット料金】¥1,500+1drink
          【出演】
          学園祭学園
          ==============================
          杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 23:03 * comments(0) * trackbacks(0)

          「What a Pastaful World」の厨房 その11 ドラム担当『内田稔さん』について

          0
            ドラム担当 内田稔さんについて

            鷲崎健の音楽に過去に触れたことがある方は
            この方を知らないということはないでしょう。
            今回もみっちり叩いていただきました。内田稔さん!




            僕自身、一応ドラマーということもあって
            アレンジのデモの打ち込みドラムは割と細かいことまで
            作ってしまうことが多いのですが、
            稔さんはそのフレーズから「余計を省き」そして
            「オイシイ所はしっかり抑えてよりオイしく」叩いてくれます。

            普通だったら絶対気づいてもらえないような細かいこだわりを
            「気づいてますよ〜」とか「あ〜ココ悩んだでしょ〜」と、
            つぶさに感じ取ってもらえる事がいかに快感か。

            歌と、曲の世界観を最大限生かす演奏。
            稔さんのドラムの一番の魅力は僕の中では「暖かさ」です。
            物凄くタイトにキメてても、延々とストイックに叩いてても
            「暖かみ」を感じる。そんな演奏だといつも思います。

            誰かが「打楽器は一番人間性出る楽器」と言っていたことを
            思い出したり。

            曲単位でのお気に入りプレイはDear BirthDayの最高のPOPドラム。
            ストリングスの南条由起さんも、「すごい合わせやすい!」と。

            ちなみに今回のキキドコロをピンポイントで、上げますと…
            奥さま、お手をどうぞ のド最後 音が消える直前に
            ワケワカラン フィルイン入ってて
            面白いのでぜひチェックしてみてください笑



            「今、俺円熟期にいるんだろうな」

            と3rdアルバムの時におっしゃっていた稔さん。

            ところがどっこい
            さらに4thで進化して来た稔さんのプレイを堪能できるアルバム。

            一般発売まで4日と迫りました。
            杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 19:40 * comments(0) * trackbacks(0)

            「What a Pastaful World」の厨房 その9ベース担当 『セキタヒロシさん』 について

            0
              ベース担当 「セキタヒロシ」さんの話

              今回のアルバムには三人のベーシストさんが
              参加してくださってます。二人目をご紹介!

              「都市生活者のブルース」ではゴリゴリのプレベを
              「奥さま、お手をどうぞ」と「What a Pastaful World」では
              すばらしい存在感のアップライトベースを披露してくださいました。

              セキタヒロシさん!



              いつもいつも
              「この人がいれば一生ベースに困らないのでは?」ってぐらい
              お世話になっております!

              今回の制作では、
              「奥さま、お手をどうぞ」の一番の後の短めの間奏フレーズが
              特に印象的ですね。

              僕が打ち込みで作ったものを再現したバージョン以外にも
              セキタさんからフレーズアイデアをいただいたり…。
              そのいただいたアイデアをさらに僕の方で
              いじってみたり…

              どちらのテイクもよくてスタッフ間で
              どちらを採用にするか意見が割れたりしました笑

              鷲崎ソロアルバムには初参戦のセキタさんですが、
              「Radio Prayer」はこむちゃでリリースした時からそのまま
              セキタさんのテイクです!

              また、個人的には 週刊ヤングジャンプ×静止画MAD の企画の際にも
              本当にお世話になりました。

              東京喰種:Re のPV」 「ワンパンマンのPV」 「テラフォーマーズのPV

              すべてセキタさんにお世話になっております!

              いつもいつも、僕のデモの時の仮打ち込みのフレーズを
              大事にしつつも、さらなるアグレッシブなテイクを提案してくださいます。

              やはり今回ではアップライトを使った
              「奥さま、お手をどうぞ」「What a Pastaful World」が
              セキタさんの聴きどころでしょう!
              この質感があっこその2曲であったことは間違いありません!

              ぜひ、CD音源でセキタヒロシさんの息遣いを堪能してみてください。

              最後にセキタさんの今後の今年のスケジュール!↓
              =========================================
              2015/11/7 GARNiDELiA stellacage vol. / 豊洲PIT
              2015/11/22 梵天 / 大阪 出戸ORTO LOUNGE
              2015/12/4 水口晴幸(ex.COOLS)with Normal Parts / 六本木Morph
              =========================================
              杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 19:26 * comments(0) * trackbacks(0)

              「What a Pastaful World」の厨房 その7 AG担当 『野中則夫さん』の話

              0
                アコーステックギター担当 野中則夫さんについて

                今回の全楽曲のアコギ、
                そしてマンドリンを担当して下さっているのは野中則夫さん!
                もうこの人なしでは仕事がまわらない!ってぐらいお世話になりまくってます。

                野中則夫さん

                今回の「冗談で死んだ友人の話」「Dear Birthday」に収録されている
                ストリングスのRecエンジニアリングとディレクションも
                野中さんによるものです。バイオリンの南条由起さんとの掛け合いも絶妙!

                そんな野中さんの今回の個人的な聴きどころは…
                「都市生活者のプルース」のAGソロも最高ですが
                やはり「冗談で死んだ友人の話」のマンドリンでしょう!
                このマンドリンが楽曲の世界観を一段も二段も押し上げています。

                やはり、単純にプレイヤーさんというだけでなく
                編曲もディレクションもされる方なので、
                僕の考えてる意図とか思惑とかを、高い次元でつぶさに
                感じ取っていただけるのがいつもいつも快感です。

                「うんうん、ラフィン君がやりたいのはこれだよね。」
                「それとは別にこんなのはどう?」
                という提案がひしひしとつたわってくるトラックがいつも
                仕上がってくるのです。

                鷲崎ソロアルバムには初参加な野中さんですが
                POARO楽曲には古くからか関わりのある方で
                真・ストレンジプラス』テーマの「サンプンハン」

                来る11月18日に発売になる、伊福部さん作詞でもお馴染み
                THE IDOLM@STER STATION!!! テーマ曲「in WonderRadio」の
                ギターとマンドリンも野中さんによるお仕事なのです。

                サンリオアプリ「SHOW BY ROCK!!!」でも大活躍なさいました。
                プラズマジカの「Can't Stop Daisuki!!」「Favorite Number」や
                トライクロニカ「Small & Starlight」はギターとmix!
                Insight」「Get the sound」は編曲も含めすべて野中さんのお仕事です。

                他にもお世話になった楽曲いっぱい…
                ギターもマンドリンも弾かれる上、
                ミックスまでこなされるまさにマルチプレイヤー…凄すぎます。

                実は野中さんと今一緒にバンドをやってたりもします。
                僕はドラム叩いているんですが…これがまた楽しいこと。
                活動についてそのうちお知らせできるかな…?

                そんな野中則夫さんの妙技も堪能できる
                「What a Pastaful World」!

                ポスターついてくる タワレコでもHMVでも 予約出来ちゃいます。
                amazonは現在品切れで、一時的に価格が上がってしまっているようですので
                ご注意ください。定価¥3240です。
                ぜひよろしくお願いします!
                杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 19:22 * comments(0) * trackbacks(0)

                「What a Pastaful World」の厨房 その5 Bass担当 『笠原直樹さん』の話

                0
                  エレキベース担当 笠原直樹さんについて

                  今回のアルバムには三人のベーシストさんが
                  参加してくださってます。そのうちの一人をまずご紹介。

                  過去、最も数多く鷲崎健楽曲のボトムを支えてきましたのはこの人!
                  Every Little Thing のサポートとしてもお忙しい笠原直樹さん!



                  信じられないくらいの安定感に加え、
                  最高の「うねり」で楽曲自体を塗り替えるパワーを持った
                  トラックをいつもぶちかまして下さいます。

                  今回での個人的な笠原さんの聴きどころは…

                  「Love & Blues」のブリブリサウンドでの後半の大暴れ具合や
                  「Dear Birthday」のBメロです。
                  メインの歌を大事にしつつも、気持ちよくベースも歌う。

                  また、
                  「冗談で死んだ友人の話」や「It's All right」では、
                  どこまでもシンプルに、ストイックに楽曲のボトムを支える。

                  ここまで4枚のアルバム制作の中で
                  僕自身、ベースとは楽曲においてどうあるべきなのか、
                  どうあるとかっこいいのか、ということを
                  笠原さんの演奏からたくさん学んできたと思います。

                  笠原さんご自身としては
                  今回のアルバムからは「It's All Right」や「うたにする」が
                  お気に入りだったようです。過去曲からはやはり「ワルツ」とのこと。

                  また、鷲崎健ソロアルバム以外では、
                  「THE IDOLM@STER STATION!!! 」テーマ曲「ぜんぜんあいたい」などでも
                  お世話になりました。(ちなみに作詞は伊福部崇さん、ギターは玉川雄一さん)
                  この楽曲でも最高の演奏をされてるのでぜひチェックして見てくださいね!

                  そんな笠原直樹さんの妙技も堪能できる
                  「What a Pastaful World」!

                  amazonでも予約始まりました!

                  特典としてポスターついてくる TOWER RECORDESでも予約出来ちゃいます。

                  HMVでも! 

                  ぜひよろしくお願いします!
                  杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 22:02 * comments(0) * trackbacks(0)

                  「What a Pastaful World」の厨房 その3 EG担当 『玉川雄一さん』の話

                  0
                    全曲のエレキギター担当 玉川雄一さんについて

                    毎度お世話になりまくっているミュージシャンさん達を
                    ご紹介&自慢していきます。

                    鷲崎ソロアルバムを聴いていてエレキギターかっこいいな!と思ったら…
                    それはこの人の仕業です。玉川雄一さん。

                    玉川雄一さん



                    玉川さんの個人的な真骨頂は…やはり
                    一番気持ちいいところにカツっとハメてくるカッティングと…そして
                    唯一無二のソロなんじゃないでしょうか。

                    鷲崎アルバム制作中でも玉川さんとギターフレーズとトラックを練る時間は
                    僕にとっても最高に濃密な時間です。
                    午前11時にじゃ始めますか、で、あっという間に終電の時間です。

                    僕がOKだと思っても「もいっかい!もいっかい弾かせて!」と
                    本当に妥協のダの字もない玉川さん。
                    逆に、僕がこだわりまくってる時は何回でも付き合って下さいます。

                    大体の曲はバッキングを録って、最後にギターソロを録音します。
                    玉川さんはいつもギターソロを弾く前に
                    改めて「歌詞」を確認するのが特徴的で面白いなーと思います。

                    「奥さま、お手をどうぞ」 なら
                    多分昔好きだった同級生なんじゃないかと思われる「奥さま」という設定で
                    学生時代の想い出の風景をソロでイメージしてみたり…
                    「刹那」 ならフラれた男の血涙をギターのソロで表現してみたり…

                    ちゃんと楽曲の世界観を理解して一番最善のフレーズを模索していく
                    その姿、まさに職人!

                    特に今回個人的な玉川さんの聴きどころは
                    「Love & Blues」ではないかと思っています。

                    初めは音源仕様でいくつかのトラックで
                    オーバーダビングをしようと考えていたのですが
                    玉川さんはこの曲は「ライブでそのまま再現できるような音源にしましょう」、と。

                    ギターソロも含めて終始、1トラックという今まででも特にライブ感溢れるトラックに。
                    ピックアップを切り替える瞬間までリアルタイムで録音しました。
                    グレッチが火を吹きました。

                    過去のアルバムもすべてのギターを担当してくださってますが…
                    過去曲から一曲だけ選ぶとしたら2nd Singer Song Liarの
                    「1000000SEX」という曲のギターソロは
                    僕の聴いてきたギターソロの中でも5本指ってぐらいにアツイです。
                    ぜひ聴いてみてくださいね。

                    まだ皆様のお耳に届いていない曲のお話で恐縮ですが…
                    ぜひぜひ玉川さんのスーパープレイをお楽しみに!
                    杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 22:59 * comments(0) * trackbacks(0)
                    このページの先頭へ