<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「I Love Youのある世界」 のある世界へ その14 | main | 「What a Pastaful World」の厨房 その1 ごあいさつ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「I Love Youのある世界」 のある世界へ その15

    0
      「僕らはお互いの意味を知る」

      HAPPINESSについて


      KISS×KISSでアドレナリン出した後に
      柔らかに耳を撫でて癒してくれる。
      そんな、意味合いが出たのは
      大変喜ばしかったです!

      今までの鷲崎さん曲の中では
      歌もアレンジも大分異色な方ですね。

      普段は一曲全体の流れを意識して
      構成を考えていく弦楽器も
      この曲に関してはサンプリングを
      多用しました!

      とはいえ、温度感やフレージングを
      慎重に練っていったギターもベースも
      録音には、他曲と同じかそれ以上に
      手間も時間も気も使わせていただいたり…

      歩調をそろえるように、
      だんだんとトラックが足並みそろうイントロと
      一人ひとり、消えていくエンディングが
      個人的にお気に入りです。

      歌詞はもともと 実はこの倍くらい
      あったものを推敲して今の形になった、
      とのこと…よくまあ そんな素敵フレーズが
      沢山出てくるなぁ…

      ライブでは最後に演奏することも
      多いというこの曲。
      詞もタイトルも、ある意味このアルバムの
      コンセプトの核、ともいえるかもしれませんね。


      =================================
      さてさて、

      15回もの長きに渡って
      お話してきた「『I Love You』のある世界」について
      今回で最終回です。

      なんだか、いつのまにか気づいたら全曲レビューに。。
      はたしてこんな内容でよかったのかどうか…?
      多少なりとも楽しんでいただけたならよいのですが…

      お聴きいただいた、すべての方たちに
      すべての ミュージシャンさんたちに
      すべての スタッフに

      そして、「『I Love You』のある世界」
      に連れてってくれた 鷲崎さんに、

      心よりの感謝を。


      最後に3行だけ自慢させてください

      鷲崎健の楽曲をアレンジさせていただく時、
      なんだか僕もちょっとだけその天才ぶりを
      分けてもらえるような、そんな気がします。

      どうもありがとうございました。


      皆様の 日々に
      『I Love You』の多からんことを。
      =================================
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * I Love Youのある世界について * 15:01 * comments(3) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 15:01 * - * -

        コメント

        こんばんは
        実は鷲崎さんのファンというより、
        むしろラフィンさんのファンおおっさんです。

        作り手自らの自作品レビューの歴史は実は
        そう長くなく、10年位前に谷山浩子さんが自身の
        ホームページだやったのがほぼ初めてと記憶しています。

        その時も、”面白い。”、”興味深い。”という
        コメントが幾つか来たそうです。

        今回の連載(?)も実に興味深く拝見しました。
        どうもありがとうございます。

        因みに2ちゃんでラフィンさんが好きと書いたら、
        結構ファンがいらっしゃいました。
        (特に折笠さんへご提供の曲。
         勿論、実は誰でも知っている、メジャー(?)な
         お仕事もすごいと思います。)

        まさに音の職人。これからもよろしくお願いします。

        それでは失礼致します。
        Comment by 昆布巻き @ 2012/06/13 10:15 PM
        お聴きいただいてありがとうございます!
        そして、元気が出るコメント
        大変うれしいです。。。

        音の職人などと呼ばれるには、
        まだまだ程遠く…これからも
        一歩一歩と精進してまいりますので…

        もしも、お聴きいただける機会があれば
        今後共、どうぞ楽しんであげてくださいませ!
        Comment by ラフィン @ 2012/06/15 2:57 PM
        わぁ、コメントどうも有難うございます。
        いぇす!ゆゆゆ☆ゆるゆり♪♪ も大好きです。
        これからも宜しく頑張って下さい。
        ではでわ
        Comment by 昆布巻き @ 2012/06/15 3:21 PM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ