<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「I Love Youのある世界」 のある世界へ その15 | main | 「What a Pastaful World」の厨房 その2 『奥さま、お手をどうぞ』の話 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「What a Pastaful World」の厨房 その1 ごあいさつ

    0
      鷲崎健4thアルバム「What a Pastaful World」
      マスタリングを終えて二週間ほど。

      iphoneに全曲突っ込んで聴きながらよく散歩しております。
      これこそは特権と申しましょうか。
      毎度皆様のお手元に盤が届くまでのひそやかな楽しみです。

      このCDを待ち望んで下さる方々はこの曲聴きながらどんな道歩くのかとか、
      ああ、これは夕暮れに聴いてもらえるといいなぁとか考えながら
      ニヤニヤした三十路男がノリノリで徘徊するものですから、
      ご近所の緊張はいやがうえにも高まっていく一方ですし、
      前を歩くOLさんも次第に小走りになるってもんです。

      今回はbambooさんのお陰でクラウドファンディングという形をとって
      進みだしたプロジェクトですが、
      「たくさんの支援が集まった」と漏れ聴こえてきた瞬間に、
      僕はそちらの情報をあまり見ないようにしました。

      プレッシャーになってしまうかもというのもありましたし、
      どれだけの金額が集まろうと、集まるまいと、俺は最高のものを作るだけだぜ!
      とか考えてたのかもしれません。

      制作中、なかなか上手くいかなくて悩んで
      ストレスフルになるタイミングが幾度かありました。
      その時に初めてちゃんと支援のページを見て、その数字を見てみました。

      ひっくりかえると同時に、こんなに待ち望んでる人がいるのかと、
      「今日はアレンジ投げ出してサウナ行っちまえ」とか
      考えてすいませんでしたって思いました。

      鷲崎健の楽曲を待ち望んでくれる人々の熱量があったればこそ
      最後までがんばれたと思います。みなさんのお陰です。
      先に感謝してしまいます。本当にありがとうございます。


      そして


      手前味噌ならぬ手前スパゲティですが、



      今回も名盤です。



      以後発売前後にかけて、
      僕自身の備忘録の意味も含めて色々と書いていこうかなと思います。
      よろしければお付き合いください。


      僕が通報されるのが先か、発売が先か、微妙なラインですが…
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * What a Pastaful Worldについて * 22:55 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 22:55 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ