<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「What a Pastaful World」の厨房 その8 『What a Pastaful World 〜なんてスパゲティ世界〜』 について | main | 「What a Pastaful World」の厨房 その10 ♯8 『Dear Birthday』 について >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「What a Pastaful World」の厨房 その9ベース担当 『セキタヒロシさん』 について

    0
      ベース担当 「セキタヒロシ」さんの話

      今回のアルバムには三人のベーシストさんが
      参加してくださってます。二人目をご紹介!

      「都市生活者のブルース」ではゴリゴリのプレベを
      「奥さま、お手をどうぞ」と「What a Pastaful World」では
      すばらしい存在感のアップライトベースを披露してくださいました。

      セキタヒロシさん!



      いつもいつも
      「この人がいれば一生ベースに困らないのでは?」ってぐらい
      お世話になっております!

      今回の制作では、
      「奥さま、お手をどうぞ」の一番の後の短めの間奏フレーズが
      特に印象的ですね。

      僕が打ち込みで作ったものを再現したバージョン以外にも
      セキタさんからフレーズアイデアをいただいたり…。
      そのいただいたアイデアをさらに僕の方で
      いじってみたり…

      どちらのテイクもよくてスタッフ間で
      どちらを採用にするか意見が割れたりしました笑

      鷲崎ソロアルバムには初参戦のセキタさんですが、
      「Radio Prayer」はこむちゃでリリースした時からそのまま
      セキタさんのテイクです!

      また、個人的には 週刊ヤングジャンプ×静止画MAD の企画の際にも
      本当にお世話になりました。

      東京喰種:Re のPV」 「ワンパンマンのPV」 「テラフォーマーズのPV

      すべてセキタさんにお世話になっております!

      いつもいつも、僕のデモの時の仮打ち込みのフレーズを
      大事にしつつも、さらなるアグレッシブなテイクを提案してくださいます。

      やはり今回ではアップライトを使った
      「奥さま、お手をどうぞ」「What a Pastaful World」が
      セキタさんの聴きどころでしょう!
      この質感があっこその2曲であったことは間違いありません!

      ぜひ、CD音源でセキタヒロシさんの息遣いを堪能してみてください。

      最後にセキタさんの今後の今年のスケジュール!↓
      =========================================
      2015/11/7 GARNiDELiA stellacage vol. / 豊洲PIT
      2015/11/22 梵天 / 大阪 出戸ORTO LOUNGE
      2015/12/4 水口晴幸(ex.COOLS)with Normal Parts / 六本木Morph
      =========================================
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * ミュージシャンご紹介 * 19:26 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 19:26 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ