<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「What a Pastaful World」の厨房 その11 ドラム担当『内田稔さん』について | main | 「What a Pastaful World」の厨房 その13 Singer Song Liar 『鷲崎健』について >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「What a Pastaful World」の厨房 その12 ♯10 『Radio Prayer』について

    0
      「Thank you for the ミュージック」

      ♯10 『Radio Prayer』について


      マスタリングを終えてしばしのんびりしてた頃。
      ブックレットなどの紙ものの納品追い込みをしてるスタッフから
      「これってスペル、これで間違いないですか?」
      と電話かかってきました笑

      こむちゃっとカウントダウンVocal CDに収録する曲として
      この曲を鷲崎さんが書き下ろして、アレンジをして、歌を録って…
      タイトルが決定したのは一番最後だったとよく記憶しています。

      この曲のオケは全く、
      こむちゃCDで櫻井孝宏さんと井口裕香さんがデュエットしたもの櫻井孝宏・井口裕香に櫻井孝宏・井口裕香に
      そのままです。

      鷲崎ソロアルバム用、別バージョンのアレンジも真剣に考えて、
      いくつもいつくもアイデアを出しました。

      悩んだ結果…
      「なんでもかんでも生楽器にして質感よくすりゃいいってもんじゃない。
      このアレンジじゃないと『Radio Prayer』じゃないんだ」
      という結論に至った形です。
      なので、ドラムもこの曲だけは打ち込みのまま。
      トロンボーンセクションも打ち込み。

      デュエットのお相手、清浦夏実さんのレコーディング時は
      そのあまりの歌の透明感に
      ブースの外が野郎共の嬌声でえらいことになってました!

      というか、僕自身が一番騒いでたのですが…

      あまり事前に歌い方を指定するようなことはせず、
      原曲を聴いた清浦さんのフィーリングを大切に進めたつもりです。

      オケが全く同じなのに
      こんなに二つのバージョンが違って聞こえる結果に
      なるとはびっくりしました。

      「ああ、やっぱりその人の声って世界でひとつしかない楽器なんだなぁ」
      と再確認した清浦さんの極上テイクをぜひご堪能ください!

      また、個人的には 冒頭からのメインフレーズと、
      シンプルなサビの歌メロに対応するアレンジの裏メロは
      とても気に入ってます。

      そして何より
      間奏ポエトリーRapからの
      落ちBメロのお二人の声の混ざり方は…

      ぜひうっとりしてもらえたらなと思います。
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * - * 01:20 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 01:20 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ