<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「What a Pastaful World」の厨房 その18 ♯5 『冗談で死んだ友人の話』について | main | 「What a Pastaful World」の厨房 その20 『ホーン隊のみなさま』について >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    「What a Pastaful World」の厨房 その19 ♯9 『Love & Blues』について

    0
      「日本語にするなら そう 俺とお前だ」


      「What a Pastaful World」の厨房 その19 ♯9 『Love & Blues』について


      楽器楽園〜ガキパラ〜 でまさかまさかの鷲崎さん二週連続ゲスト!
      おめでとうございます!

      この曲を二週目にセッションすると
      伺ってから更新するタイミング合わせてやろうと思いました笑

      すげーーーセッションだったーーー!!

      一番アレンジの方向性きめがスムーズだった曲であることは
      間違いありません!
      一番始めに思い描いていた通りの仕上がりになりました。

      やはりホーンのアレンジがキモでした。
      ド真ん中直球なフレーズをいっぱいいれたいなーと。

      今回はCFの皆様のご支援のおかげで、
      めまいがするほど贅沢なプレイヤーさんたちで構成されたホーン隊を
      お呼びすることができました。

      トランペット×2 トロンボーン
      アルトサックス テナーサックス バリトンサックスを
      六管せーの、で同時に録音するということで…
      ものすごい大迫力にREC当日はトリハダ立ちっぱなし…。

      そして、譜面書くのが時間かかって大変でした。。
      サックスの包国充さんに
      多大なるサポートをしていただきつつ…
      無事に録り終えられた時のことは忘れられません。

      また、今回Rec時に使用されたギターはなんと!
      弊社アトミックモンキーの社長の私物をおかりしました!
      うーんカッチョいいグレッチ!



      ギターや歌のスプリングリバーブの質感も
      エンジニア北吉君とギター玉川さんと
      じっくりじっくりつめていきました
      このあたりの音作りにも社長からいただいたアドバイスが大活躍!↓



      この曲ならではのキキドコロを上げるとするなら、
      やはりこうやって一つずつ積みあげた
      「質感」なんじゃないかと思ってます。

      もちろん、武田真治さんをして
      「歌声 of the year」と言わしめた
      パワフルなボーカルトラックの為の質感、ですね。
      杉浦"ラフィン"誠一郎 * What a Pastaful Worldについて * 23:39 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 23:39 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ